管理人プロフィール

こんにちは、ゆんてぃむです。 Twitter▶︎ゆんてぃむ

現在29歳の会社員です。妊娠8ヶ月の妊婦です。

・社会人8年目 ・通信会社から転職し、化粧品メーカー勤務3年目 ・営業、WEBマーケティング ・東京の賃貸マンションで結婚2年目の夫と二人暮らし ・持っている資格 ナシ!!!!(ペーパーの普通自動車運転免許は含まず)

という、こんな平凡人間です。

毎日8時半に出かけ、21時ごろ帰宅する会社員生活なので、消して貧困しているわけではありません。

とはいえ、会社をやめたらかなり節約しないと子供を育てていけないだろうなという経済状況です。

このままいくと、

「子供はまだふにゃふにゃの状態だけど会社戻らないといけないから0歳児で保育園預けないと!!!!」

「時短勤務でお給料減るのに認可保育園入れなかったから保育料高いやん!」

「保育園預けて会社行ってみんなに謝りながら退社してお迎え行かないと!」

「時短勤務で頑張っても、前みたいに出世は厳しいよね。仕方ないよね。涙」

「給料上がらないーーーーー生活が苦しくなるばかりーーーーー!!!」

みたいになって、あっという間に歳をとってしまいそうで怖くなりました。

私は、元々「起業したい」という夢がありました。自分で会社を作りたいと。

しかし、もはや自分1人の生活ではなく、これから子供を育てる責任もあるのに、成功するかどうかもわからない起業にフルコミットができないと諦めました。

そんな私にとって、「パラレルキャリア」は新しい選択肢になると思い、産休に入る1ヶ月前にこのブログをはじめました。

パラレルキャリアとは、P・Fドラッカーが『明日を支配するもの』(ダイヤモンド社)で紹介した考えで、「本業を持ちながら、第二のキャリアを築くこと」と定義されています。

副業が金銭的な報酬を得ることを目的としているのに対し、パラレルキャリアでは自分のスキルアップや夢の実現、社会貢献活動などのために活動します。

趣味から活動の幅を広げていったり、起業をする準備として始めたり、また中間団体(NPOや社会人学校など)やボランティアサイトを通じて活動をおこなったりと、多様な始め方があります。

中には、「当初は無報酬でおこなっていた活動が、徐々に報酬を得ることができるようになる」というようなこともあります。

出典:人事の成長から、企業成長を応援するメディア HR NOTE|パラレルキャリアとは|副業との違い・メリットや注意点を総まとめ

会社員として、引き続き働く気持ちは持ちつつ、

産休・育休という、”保険からお金をいただきながら会社に行かなくてもいい期間”を活用して、自分にある会社員としてでは無いキャリアの可能性を探すことに決めました。

もちろん、会社員意外のキャリアがいつか本業になればいいけれど、まずは社会に貢献できることを小さくはじめながら、自分にあるキャリアを歩んでいきたいなと思います。

このブログでは、こんな考えの持ち主が、

産休・育休中を利用してパラレルキャリアを目指す過程のリアルを残すブログです。

「子育てと並行してこんなの無理や!」という結論になるかもしませんが、

それも含めて、同じように考え、悩んでいる女性の参考になれば幸いです。