ふるさと納税は本当に得なのか。実際に住民税を計算してみてわかったこと

ふるさと納税は本当に得なのか。実際に住民税を計算してみてわかったこと

ふるさと納税はやり方さえミスらなければ得です。

こんにちは。産休2日目、あと40日で第一子が生まれそうなゆんてぃむです。

今回は、ふるさと納税に興味がある方、なんとなく皆やっているからやってみたけど、実際に得したのかわからないという方向けに、実際に得なのかどうかを実例をもとに解説します。

ふるさと納税の仕組みは、いろんなサイトに書いてあるので割愛しますね♪もし、仕組みから知りたいという方は、ふるさとチョイスというサイトに、わかりやすくまとまっていたので確認してください。

さて、早速結論から行くと、ふるさと納税は得です。やるべきです。

どれくらい得かは、選ぶ返礼品やふるさと納税を利用するサイト次第ですが、間違いなく、

  • ふるさと納税が可能な上限金額のMAXギリギリまで納付する
  • 会社員ならワンストップ納税制度を利用する
  • ポイント還元があるサイトでふるさと納税をする

これは実践したほうがいいです。

ふるさと納税制度をめちゃちゃ簡単に説明する

ふるさと納税をめちゃくちゃ簡単にいうと、

毎月給料から引かれている憎き住民税※を、事前に支払い&2,000円の手数料も支払うことで、支払った税金分の3割程度の商品(返礼品)なるものを手に入れる制度です。

※確定申告をする方は所得税からも還付がありますが、多くの会社員の方は確定申告をされないため、ここでは住民税としています。確定申告をして、住民税控除&所得税から還付となっても控除&還付の金額は同じです。

先に納めるのに2000円損じゃん!!という方もいます。あとで解説します。

ちなみに、住民税を全てふるさと納税にすることはできません。収入によって、ふるさと納税できる上限金額が決まっています。

自分の上限はネットで簡単に計算できます。

ふるさとチョイス かんたんシミュレーション

住民税、気にしたことありますか?

毎月引かれているのに、その金額すら知らない方たくさんいますね。(私もその一人でした)

28歳(女性)年収450万のケースですと、大体月額18,000円くらい引かれてますね。悔しいですが、年間で22万くらいです。バッグ買える・・・

ぜひ、ご自身の給与明細を確認してみてください。

実例:28歳(女性)年収450万の場合のふるさと納税

これ、私です。年収モロバレ・・・

というわけで早速、28歳女性年収450万の私のケースでふるさと納税をした実例の紹介です。

①ふるさと納税の上限金額を確認

家族構成、年収、社会保険の控除額、生命保険当の控除額をシミュレーションに入れて上限金額を出しました。

結果・・・ふるさと納税上限金額45,000円!!!!

②楽天でふるさと納税品を購入♪

私は楽天カードの所有者で、ポイントを溜めているので迷わず楽天でふるさと納税しました。

検索から「ふるさと納税」と検索すると、たくさんの商品が出てきます。


【購入品1】
商品:【ふるさと納税】都城産豚「高城の里」わくわく3.6kgセット – 豚肉セット(ロースとんかつ/豚バラ焼肉/豚肩ローススライス/切り落とし/ロース・バラしゃぶしゃぶ肉)

金額:15,000円

納税先:宮城県都城市

【購入品2】

商品:【鮮度抜群!極上生えぞバフンうに】生うに折250g

金額:30,000円

納税先:北海道釧路市


③ワンストップ制度で申請。

ワンストップ制度は購入時に選択しておけばOKです。

納税先の市区町村から用紙が送られてくるので、記入して郵送するだけです。

④翌年、6月以降の住民税が3,500円/月くらい減った

返礼品をもらったので、買い物をした気分ですが、金額の3割程度の商品なので、返礼品を受け取るだけでは損しています。

買い物だったら、45000円支払えばもっといいものが買えます。

大切なのは、事前に納税した税金が、後からきちっと減額されていること。

45,000円分前倒し納税して、2,000円は手数料取られたので、実質43,000円が1年間をかけて徴収される予定の住民税から減額されます

実際に得した(と感じている)内容

2000円の手数料がかかるので、本来年間22万の納税でいいところ、22万2千円が住民税になるんですね。

これで、「損した」と感じる方もいますが、ふるさと納税を活用することで、下記の違いが生まれます。

ふるさと納税しない場合

・住民税徴収される額・・・約22万/年(約18,000/月)

●ふるさと納税する場合

・住民税徴収される額・・・約17万7千円/年(約14,700円/月)

・事前の納税額   ・・・45,000円

・手に入れた返礼品 ・・・豚肉3.6キロ(4500円相当)、ウニ250g(9000円相当)

・楽天ポイント   ・・・2250ポイント(750ポイント+1500ポイント)

私の場合は、楽天ヘビーユーザーでポイント5倍なので、ふるさと納税だけで2250ポイント=2250円分ゲットできました。

これだけで、手数料の2000円はペイできてしまうので、

私の場合は「税金を事前に支払うだけで、価格としては13,500円くらいの価値がある豚肉とウニをタダで手に入れた」事になるんですね。

※ふるさと納税の返礼品は、納税額の3割までと決まっているので、寄付した額45,000×3割=13,500円の価値としました。実際、もっと価格にしたら高そうですが・・・。

総じてふるさと納税最高です。

オススメのふるさと納税サイト

どこでふるさと納税しても、ふるさと納税の上限を超えたり、少なすぎたりしなければ大体損はしませんが、ポイントがたまるサイトでふるさと納税をするのがもっとも得する方法です。

オススメは楽天市場です。

楽天カードのポイント還元率は非常に高いので、全ての支払いを楽天にして、楽天経済圏で生活するといろんなところで恩恵を受けられるので本当にオススメです。

(楽天の回し者みたいですみません)

ふるさと納税は年末までなので、ぜひトライしてみてくださいね♪

お金カテゴリの最新記事