私が産休・育休中にパラレルキャリアを選んだ理由|【産休まであと1ヶ月】

私が産休・育休中にパラレルキャリアを選んだ理由|【産休まであと1ヶ月】

こんにちは。ゆんてぃむです(Twitter:ゆんてぃむ

妊娠8ヶ月にもなると、お腹が大きくなって寝苦しいです。後期のつわりと言われる胃の不快感に悩まされて、小さい声でうぷうぷいいながら会社で働いています。

早速、初めての投稿なので、私が育休中にパラレルキャリアを目指すことを決めた理由を書きます。

なぜ産休・育休中にパラレルキャリアを選んだのか

産休・育休中の期間を使ってパラレルキャリアを選んだ理由は、

産休・育休中の働かなくても収入(手当て)を得られるまとまった期間に、会社員以外の自分のキャリアの可能性を見つけるためです。

今までの会社人生で、有給休暇以外に収入がありながら自由な期間はありませんでした。

こんなことをいうと、

「日本の女性が子育てをしやすくするための産休手当、育休手当なんだから子育てに集中しろ!」

「育休中に自由な時間があると思うなよ!育児なめんな!」

と怒られそうですね。

ごもっともです。

なので、産休・育休期間は、子育てを何よりも優先にして、空いた時間を自分の新しいキャリアを生み出す準備期間として使おうと決めています。

できなかったら、「育児中にそんなことができないという経験」と共に、他の挑戦をするのみです。

同じことを考えている人の参考になる失敗例になるできるだけでもいいかな?

プロフィールにも書きましたが、私はなんの資格もスキルもありません。

将来何かで起業したい、独立したいという夢はありますが、収入が突然0になって、借金をしてまで打ち込める自身はありません。

しかも、これから子供を責任持って育てないといけない時に、正社員をやめるなんて決断できませんでした。

でも、朝8時に出かけて、夜9時前に帰宅する機械のような会社員人生をこのまま一生続けたいとは思いません。

※誤解がないように・・・仕事も会社も好きだし、自分で選んだ人生です※

しかああああああし!!!!!!!

この先定年まで、「時間」にも、「場所」にも縛られるのはいやだ!

時短勤務だから評価されない・・・と言い出しそうな自分がいやだ!

頑張ったら、頑張っただけ年収あげたい!

自分にしかできない仕事って他にもあるんじゃないの!?

人生一回だけだよ!!!!

という心の声が抑えられませんでした。

というわけで、会社員として本業は持ちながら、自分の他のキャリアでの可能性を探るために、産休・育休期間を活用してパラレルキャリアを初めようと決めました!

そもそもパラレルキャリアとは

パラレルキャリアとは、簡単に言うと「本業を持ちながら、第2のキャリアを形成すること」です。

収入を得るために本業以外のことをする副業とは少し違います。

パラレルキャリアは第2のキャリアの形成なので、特に定義はなく、ボランティア活動でも、NPOへの参加でも、自営業を始めるでも、なんでもいいようです。

パラレルキャリアは、収入を稼ぐことが唯一の目的ではありません。

第2のキャリアを形成することで、本業にもプラスになると言う考え方ですね。

ウィキペディアでは、こんな感じで説明されています。

軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動であっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ること

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

収入を得ることが唯一の目的ではないとはいえ、

第2のキャリアとしてやりたいことにチャレンジしながら自分の可能性を発見できる。そして、それが将来の収入につながるなら・・・最高!ですね。

副業との違いは次の項目でご説明しますね。

パラレルキャリアと副業の違い

パラレルキャリアは本業以外の第2のキャリアを形成することです。

収入を得ることを目的としていないので、ボランティアでもNPO活動に参加するでも自営業の開始でもなんでも良いです。

収入を得てももちろん良いですがそれが目的ではなく

個人のスキルにプラスの影響を与えることを目的としています。

一方、副業は本業以外で収入を増やすことを目的としています。

ちなみに、副業禁止の会社はまだたくさんあるようですが、パラレルキャリアは当てはまらないのでは・・・・?ないでしょうか。

※自己責任でお願いします

ちなみに、私が勤めている会社は副業NGなので、収入が増えてバレたらクビにされるかもしれませんが、その時はその時です。運命と思って受け入れます。

産休・育休中の副業を選ばなかった理由

バレたら会社をクビになる覚悟があるなら、副業でもいいのでは?

と思われるかもしれませんが、あえて私は副業を選びませんでした。

過去に会社に内緒で副業を試みた時期もありましたが、インターネットで「副業」と検索すると、まとまって月数万稼ぎたいなら、アフェリエイト とか、クラウドソーシングとか、せどりとか、メルカリとかそう言う系がメインで、

”私はずっと続けられそうにないな”と感じたんです。

一度アフェリエイト を試してみましたが、ワクワクしませんでした。

”稼ぐ”ことをメインの目標としてしまうと、どうやってマネタイズするのか?が非常に重要になるので、どうしてもスキルがない私ができることは限られてしまうんですよね。

だから、パラレルキャリアを選びました。

自分が社会にとってできることを探して、それを本業以外でやった結果自分のスキルは高まるし、もしかしたら収入につながる強みになるかもしれない。

収入がないと生きていけないので、会社員は続ける。

そう言う選択です。

それを産休・育休中に始めたと言うことです。

まとめ

そんなわけで、産休・育休中の働かなくても手当(収入)を得られるまとまった期間に、会社員以外の自分のキャリアの可能性を見つけられると考えたので、パラレルキャリアを選択しました。

自分が社会にとってできることを探して、それを本業以外でやった結果自分のスキルは高まるし、もしかしたら収入につながる強みになるかもしれない。

そのように思う方はぜひ一緒にチャレンジしてみましょう!

できるかできないかなんて、人それぞれ。周りの環境にもよります。

誰かの「そんなのできるはずないよ」は、必ずしも正解とは限らないです。

パラレルキャリアカテゴリの最新記事