海外製の排卵日検査薬を試したら1ヶ月で妊娠できたので使ってみた感想を紹介します|働く女の妊活

海外製の排卵日検査薬を試したら1ヶ月で妊娠できたので使ってみた感想を紹介します|働く女の妊活

お金かかるし仕事しているから病院に行くのはまだいいかな・・・
でも子供ほしい・・・
毎月アプリでタイミングとっているけど、そもそも生理不順で排卵日がわからない。基礎体温も測っているけどなんかよくわからない。。。
よし、排卵日検査薬というやつを使ってみよう!!!!!!!!

というわけで、排卵日検査薬を試してみました。

結果的に、ドクターズチョイスという海外製の排卵日検査薬を朝晩使って1ヶ月で妊娠できました。

2019年5月に1度流産し、それから生理周期が乱れまくり(28日〜36日周期をフラフラ)基礎体温もガタガタだったので、排卵日検査薬を使用してみて本当に科学の力ってすごいと感じました。

なぜ海外製の排卵日検査薬ドクターズチョイスを選んだのか

ずばり、排卵日2日前にタイミングをとるために、早く排卵日を予測できる海外製のドクターズチョイス 排卵日検査薬を選びました。

卵子は排卵後24時間しか生きられないため、排卵日の2日前が1番妊娠しやすいと言われています。

しかし、日本製の排卵日検査薬は「排卵日の前日〜当日」にならないとわからない物がほとんどなのでタイミングを逃しやすいのです。

その反面、海外製のドクターズチョイスは、1番妊娠しやすい「排卵日の2日前〜1日前」からわかるらしいです。(製品ホームページに記載されてました)

なぜ、「排卵日の2日前〜1日前」から排卵日がわかるかというと、海外製の排卵日検査薬は、排卵日前に女性の体の中で急上昇する黄体形成ホルモン(LH)を察知する感度が高いかららしい。

日本の排卵日検査薬は、大体当日とかに反応するからもう遅いんですね。

アメリカすごい。。。

健康な30歳女性の妊娠の可能性は20%前後らしいので、5ヶ月タイミングをとってダメだったら病院に行ってみようかなと考えて軽い気持ちで排卵日検査薬をはじめました!!

実際に使ってみた(写真あり)

WEBで発注したら1週間くらいで届きました。こんな感じで特に問題はありません。

今回は、ワンステップ排卵日検査薬クリア100枚と、オーガニック葉酸を購入しました。

100枚入りで7,900円だったので、1本79円。

日本製の物だと、12本で5,000円弱だったので、1本400円くらいですかね?

海外製は格安です。

安かろう悪かろうということもあるのですが、ワンステップ排卵日検査薬は日本語でお手紙とか使い方とか、排卵日検査薬用チャートとか入っていてわかりやすいです。

排卵日検査薬の袋がペラペラで、本当に入っているのか?という不安がありましたが大丈夫でした。

黄体形成ホルモン(LH)は、朝・夜でも量が変わるため、朝・晩の2回使用がオススメらしいです。

排卵日が近づいている時だけ陽性反応が出て、陽性が出た後に陰性になると排卵したという認識だそうです。

というわけで使ってみました。(汚くてすみません)

生理が終了して3日後から毎朝・晩検査を開始。3月8日朝に初めて薄ら陽性を確認しました!

人によって、排卵日の何日前から陽性が出るかが異なるらしいのですが陽性になったので排卵日が近づいていることは間違いない。

ということで、3月8日から仲良し開始。

3月9日の夜に陰性に変わっていたので、排卵したんだなと実感。

結局3月8日から3日間仲良しをして、様子を見ることにしました。

排卵日検査薬を使ってわかったこと

個人差はあると思いますが、私は生理周期が本当にバラバラでタイミングがとれなかった(タイミングを間違えていた)ので、とても役に立ちました。

実際に、3つ前の生理周期は29日、2つ前の生理周期は35日、1つ前の生理周期は36日。

この情報だけだと、平均だから今回は33日を生理周期に考えてタイミングを取ろうとするのですが、

排卵日検査薬を使ってわかったのは、今回の生理周期28日だったということです。

絶対タイミング逃すじゃん・・・

実は流産してから妊活開始まで3ヶ月待ってから再度タイミングを取り始めた私たち。半年間なので6回ダメでしたが、排卵日検査薬を使ったら排卵日を適切に予測できました。

生理予定日4日後に妊娠検査薬で陽性反応

たまたまですが、初めて排卵日検査薬を使用した月に妊娠することができました。

とはいえ、妊娠8週で流産したことがあるので油断しないで赤ちゃん守りたいです。

病院に行くのが確実なのはわかっている。でも、働く女はそんなに休めないからね

働くアラサーは、それなりに責任がある仕事を任されることが多いので、妊娠していないのに簡単に仕事を休めません。

妊婦さんに理解はあっても、妊活には理解がない職場がほとんど。

【そっと心に蓋をする】育休中の社員が、赤ちゃんと一緒に職場に挨拶に来た時に感じたこと

病院に行けば、排卵予測はできるだろうけど、お金も時間もかかかる。そもそもそんなに休めない。

なので、できることは自分でやりたいですね。

とはいえ、時間を無駄にしたくはないので期日を決めて妊活して、それでもダメだったら早めにお医者さんを頼るのが良いです。

過度に期待するのはよくないですが、試してみる価値はあると思います。

では!

女性の悩みカテゴリの最新記事