【Twitter運用】エンゲージメントを上げるツイートとは?日常を140文字に切り取る方法

【Twitter運用】エンゲージメントを上げるツイートとは?日常を140文字に切り取る方法

ツイートしてもフォロワーさんから反応がない。Twitterで「いいね」や「コメント」「リツイート」がほしい。。どんなツイートが共感を呼ぶのか、どんなツイートだとエンゲージメントを上げることができるのだろう?

この記事では、こういった悩みに答えます。

本記事の内容

・[前提]Twitterは、フォロワー数よりエンゲージメントが大事です

・エンゲージメントを上げるツイートとは?日常を140文字に切り取る方法

・おまけ:ちょっとしたテクニック的な話

✔︎本記事の信憑性

フォロワー1万人以上の有名企業のブランドでも、フォロワー数に対して「いいね」の数は軒並み1%未満です。Twitterでは、フォロワーが数万人、数十万人といても「いいね」の数は2桁であることはザラで、0.1%以下であることが逆に普通のようです。

一方私は、2020年2月時点でフォロワーさんが2,000名で大体100以上の「いいね」をいただきます。フォロワー数に対する「いいね」率は平均9%超えです。

ありがたいことに、コメントも多くいただきます。(ちなみにコメントをいただいて会話するのが1番楽しい)

こちらが2020年2月29日現在の最近の私のTwitterアナリティクスです。

フォロワー数の割りにかなり「いいね」していただいている感じです。

というわけで、この記事ではエンゲージメントを上げるツイートと、ネタ切れにならない日常を140文字に切り取る方法をお伝えします。

特に経営者でもなく、トップセールスでもない、その辺の会社員の私ができるので、皆さんもできるはず。

[前提]Twitterは、フォロワー数よりエンゲージメントが大事という話

Twitterの目的が独り言を孤独に呟き続けたいことでない限り、フォロワー数より、エンゲージメント(=つながり、きずな)が大事です。断言します。

数より質というやつです。

理由を説明する前に、現実世界の人間関係について考えてみます。

多いに越したことはありませんが、なんとなく繋がっている大勢の友達より、本当に悩んでいるときに話を聞いてくれる友達が重要ですよね。

フォロワー数より、エンゲージメント(=つながり、きずな)が大事なのも同じ理由です。

Twitterはウェブ上の人間関係(=つながり、きずな)です。

近年Twitterが注目されているのは、Twitterが起因でビジネスやリアルなつながりさえも生み出してしまうツールだからですね。

しかし、フォロワーが何万人いても、誰の目にも止まらない、興味を持ってもらえないツイートは無いのと同じです。ビジネスもリアルなつながりも生まれません。

そのため、Twitterを通して仕事、出会い、ブランディングなど、何かしら外とのつながりが目的であれば、現実世界で重要な人間関係は、ウェブ上でも重要だということです。

1万人のスマホの中で一瞬流れるだけのツイートと100人の心に届くツイート

どちらが良いでしょうか。どちらがあなたの求める人間関係でしょうか。

Twitterの目的が独り言を孤独に呟き続けたいことでない限り、フォロワー数より、エンゲージメント(=つながり、きずな)が大事です。

エンゲージメントを上げるツイートとは?140文字で共感を呼ぶ方法

「エンゲージメントあげたいけど、書く内容がないよ、、、、、」

そんな風に悩み、Twitterから姿を消す方は多いです。

どうしたら継続的にネタを切らさずに、「いいね」をもらえるツイートができるのでしょうか。140文字で共感を呼ぶ方法をご紹介します。

「出来事」+「ためになること」を140文字で書くだけです。

簡単すぎてすみません。

これで、書く内容がないなんてことにはなりません。なぜなら、1日24時間生きていれば、なにかしらの出来事があるからです。空がいつもより青いだけでも一つの出来事です。

やり方は、すごくシンプル。

具体的に説明すると、自分の生活の中で起こった「出来事」+「同じ状況になった人のためになること」を書くだけです。

まずは思った通りに書いて、書いてから140文字になるまで削ります。

本当に簡単です。日常のどの出来事を140文字に切り取るかだけです。

最後がポジティブになることがポイントです。

例えば、

◆自分の仕事や学校、生活のなかで「壁にぶつかったこと」+「(同じ状況になった人のために)どうやって乗り越えるか」を書いて、文字が多かったら削って140文字にするだけです。

◆自分の仕事や学校、生活の中で「嬉しかったっこと」+「(同じ状況になった人のために)どうやって世の中に還元するか」を書いて、文字が多かったら削って140文字にするだけです。

◆自分の仕事や学校、生活の中で「初めて知ったことや経験したこと」+「(同じ状況になった人のために)どうしたらいいのかアドバイス」を書いて、文字が多かったら削って140文字にするだけです。

ちなみに、「悔しすぎる出来事」や「悲しすぎる出来事」や「ムカつきすぎる出来事」は無理に「同じ状況になった人のためになること」をプラスしなくて良いです。

自分に嘘をついてまで、明るくポジティブに振る舞っても相手に伝わりません。

そういう時は、140文字いっぱいに今の気持ちをぶちまけて、自分が乗り越えて落ち着いたときに「同じ状況になった人のためになること」を別のツイートで書けばOKです。

おまけ:ちょっとしたテクニック的な話

エンゲージメントを上げるなら、絶対にやった方がいいテクニック的なことを最後に3つだけ紹介します。

3つの共通点は、ストーカーレベルでTwitter民を愛することです。

①いいと思ったツイートにはどんどん「いいね」しまくる

時間さえあれば、まずは積極的に「いいね」しに行きましょう。誰でもできます。

②積極的にコメントして会話してSNSでお友達(同志)をふやす

①と同じ理論ですが、積極的に人と関わりに行くことが大切です。自分のことなんて誰も知らないのですから、自分から動きましょう。

特にコメントして会話をすることがおすすめです。ちなみにお互いの顔が見えないSNSでも礼儀は大事です。丁寧なコメントや返事を心がけた方がいいです。

③フォローやフォローバックする前に、舐めるように過去のツイートを読む&「いいね」する

相手が自分のツイートを過去まで遡って読んだ上でフォローしてくれた方が嬉しいので、舐めるように相手の過去のツイートを読んでからフォローしましょう。

相手のこと何も知らないのに告白してくる人より、自分のいいところもダメなところも知った上で告白してくれる人の方が心に響くのと一緒です。

TwitterはSNSですが、現実世界と同じように、愛を持ってできるだけ相手を理解しようと努めることがエンゲージメント向上につながります。

エンゲージメントが高いTwitterアカウントは、注目されやすくなるため、狙わなくても自然にフォロワーさんが増えます。

以上です。

ライフカテゴリの最新記事